師走突入! カメラ入れ替え


本日から、イルミネーションの老舗、表参道欅並木のイルミネーションが始まりました。
今年も、縮小バージョンで欅の木イルミネーションは神宮前交差点~神宮前第二歩道橋間の500m程。その他は、植栽帯(低木)にチョロチョロとイルミネーションがあるだけです。かってのフルバージョンには、もう戻らないのでしょうか?

最初に表参道のイルミネーションが始まったのが1991年。その時は青山通りから明治神宮の神宮橋交差点まで1Kmのフルバージョンでしたが、交通渋滞や見物客のマナーの問題で1998年まで続きましたが中止になりました。

イルミネーションが休止してから11年後の2009年12月1日に表参道のイルミネーションが復活しました。当時はリーマンショック後の不況で「表参道から日本を元気にしたい」という商店街の人々の熱い思いから復活が実現しました。

復活後もフルバージョンでしたが、東日本大震災後の2011,2012の2年間休止され2013年から再復活しましたが、その時から現在の縮小バージョンになったように思います。

来年こそは、フルバージョンを・・・

欅のイルミネーションは12月25日まで。低木は1月4日までです。点灯時間は日没〜22時まで。

今年最後の機材更新です。
MASHのカメラ、レンズ類の多くはリースです。
期間は3年が中心。

3年のリース期間が終了すると、1年間ずつリース期間を延長します。
そのサイクルが、何となくEOS 5D系のカメラのモデルサイクルと重なります。

5D系は3年半〜4年でモデルチェンジをするので、3年のリースが終わり、1年間延長した途中にモデルチェンジとなります。という訳で、今日からメインカメラは5DMkⅢからⅣに入れ替えです。これまでのメインMKⅢはサブカメラとしてリース再延長です。これまでのサブカメラだったMKⅡはリースアップです。
今回は、24〜105mmと70~200mm2.8も更新しました。

今回更新したのは、5DMKⅣ+EF24-105mm F4L IS II USMレンズキット、5DMKⅣボディー、5DSボディー、EF70-200mm F2.8L IS II USM、バッテリーグリップ BG-E20x2、バッテリーグリップ BG-E11
今回は5000万画素の5DSも1台導入。5DSは特定の仕事でレンタルする回数が結構多いのでリースしましたが、5DSはこれから3年間のリース期間前半にモデルチェンジされるのではと思います。

さっそく、開封の儀です。

まず、セットするのは日付と時間。そのた諸々をセットしました。
これで、MASHのカメラは、デジタルバック 8000万画素、3000万画素。35mm系が5000万画素、3000万画素、2200万画素になりました。

MASHは会社で、みんなで頑張っているのでどうにかなりますが、フリーのフォトグラファー、デジタルカメラになって、本当に機材費大変だと思います。3~4年に1回づつ新しいカメラが出て、20〜50万の支出が必要になり、場合によってはPCも変える必要も・・・

フィルム時代のようなモデルチェンジサイクルにはならないでしょうが、デジタルは周辺機器を含めて色々物いりです。