師走の銀座に行きました。


今日は、久しぶりにフリーな銀座。
仕事関係でない銀座は久しぶりです。
アレレ、アップルストアーのアップルが赤くなっています。クリスマスカラー・・・??
この季節の銀座のディスプレイは本当にきれいです。
ところで、銀座の超一等地の1F店舗の1坪あたりの賃貸料は、おいくらだと思いますか?
先日の日経産業新聞によると、¥270,000,−!! を越えるとの事。畳2枚分のお家賃が月額¥270,000,-!!! 唖然、呆然です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは、ブルガリです。

例年のように、蛇がビルディング巻きついています。

でも今年の蛇は少し短めのような気がします。
その代わりに、金色の星が10個付いています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

銀座4丁目、和光のウインドウディスプレイです。
親子シロクマです。
お母さんシロクマの顔が動きます。
凄い人気で、写真を撮るのも一苦労でした。

b0069507_052852

銀座に行った目的は、スウォッチの修理なのです。

Swatch boutique Ginzaで3本の時計の、バックルの修理と、古くなったベルト交換と電池交換。
バックルは在庫が無く取り寄せに、ベルトと電池はその場で交換できました。
スウオッチは、ベルトやバックルの部品がかなり前のモデルでも揃っていて、修理できます。
ここで、修理をしたり電池交換をするとコンパウンドで表面を磨いて、小さな傷をとってくれるので、透明感が増して、とても見やすくなります。

ところで、今年の3月から、電池交換は無料になったとの事で、修理した3本の他に腕に付けていた時計も電池交換していただきました。電池交換無料サービス。いったいどうなっているんでしょう?写真は、Swatch boutique Ginzaがある、スウオッチグループジャパンの本社ニコラス・G・ハイエックセンターのクリスマスデコレーションです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

買ったバッグを歩行者天国で「商品撮影」する、アジア系の観光客も・・・
なかなかやりますね。ファッション誌の影響でしょうか?
帰ったら、写した写真で話が弾むとおもいます。
良い思い出になる事でしょう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA来年の4月20日にオープンが決まった、松坂屋跡地の大きなショッピングビルGINZA SIXの前に、こんな石碑が・・・ 前からあったかな〜
一橋大学創設100周年を記念して作られたそうです。という事は、そうとう以前からあったのでしょう。いままで、ぜんぜん気づきませんでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは、松屋です。
Les Parfums LOUIS VUITTONは70年ぶりに新作を出したヴィトンの香水の名前だそうです。白い動物はテンでしょうか・・・

ちなみに、お値段は100mL ¥30,000,- 200mL ¥43,000,-!! だそうです。
LOUIS VUITTONにも、走るシロクマ君がディスプレイされています。走るシロクマ君は、池袋のお店にもあったので、全国の LOUIS VUITTONにあるのでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年の銀座の公式(?)イルミネーションです。
3日から点灯された今年のイルミネーションオブジェクトは、フランスのクリエーションスタジオ“PITAYA(ピタヤ)”がデザインです。

このオブジェが16個、少し小ぶりなイルミネーションが32個、中央通り銀座1丁目〜8丁目間と晴海通りの数寄屋橋から銀座4丁目間に飾られています。

ワンちゃんも記念撮影です。